ニュース

野菜の切り方講座

① 輪切り・小口切り

切り口が円形になるよう、端から同じ幅で切る。

◆きゅうりやなすなど、切り口が大きいものは「輪切り」、ねぎやいんげんなど、切り口が小さいものは「小口切り」という。


② ななめ切り

包丁をななめに入れて、端から同じ幅で切る。

→切り口の面積が大きくなり、味が染みこみやすくなる。


③ 乱切り

⑴ 包丁をななめに入れて切る。

⑵ 野菜の切り口が上を向くように動かす。

⑶ 包丁をななめに入れ、同じくらいの大きさになるように切る。

→切り口の面積が大きくなり、味が染みこみやすくなる。

※トマトやじゃがいもなどの丸い野菜は、4等分くらいに切り分けてから乱切りにする。


④ ざく切り

端からざくざくとおおざっぱに切る。根元の厚みがある部分は、葉の部分より小さく切ると火が通りやすくなる。

※白菜などは、葉をはがして2~3枚重ねて切る。


⑤ 半月切り

⑴ 縦に半分に切る。

⑵ 切り口を下にして、端から同じ幅で切る。

◇半月の形(半円形)になることからこの名前が付いた。


⑥ いちょう切り

⑴ 縦に4等分に切る。

⑵ 切り口を下にして、端から同じ幅で切る。

※大根など、直径が大きい野菜は最初に6等分や8等分に切る。

◇いちょうの葉の形に似ていることからこの名前が付いた。


⑦ 細切り・千切り

⑴ にんじんなど、棒状の野菜は4センチくらいの長さに切る。

⑵ うすく板状に切る。

⑶ 切ったものを重ねて、端から同じ幅で薄く切る。

◆3~5ミリ幅に切るものは「細切り」、1~2ミリ幅に切るものは「千切り」という。

※キャベツなどは、葉をはがしてくるくると巻き、端から薄く切る。


⑧ 短冊切り

⑴ にんじんなど、棒状の野菜は4センチ程度の長さに切る。

⑵ 1センチくらいの厚い板状に切る。

⑶ 切ったものを重ねて、端から同じ幅で薄く切る。厚みがあるので、重ねる枚数は少ない方が切りやすい。

◇短冊の形になることからこの名前が付いた。


⑨ 角切り

⑴ にんじんなど、棒状の野菜は4センチ程度の長さに切る。

⑵ 厚い板状に切る。

⑶ サイコロのような形に切る。


⑩ くし形切り

⑴ 玉ねぎやトマトなど、丸い野菜を縦半分に切る。芯やヘタは取り除く。

⑵ 中心から放射状に切る。

※玉ねぎなどの硬い野菜は、切り口を下にして中心に向かって切ると切りやすい。

※トマトなどの柔らかい野菜は、切り口を上にして中心から外側に向かって切ると切りやすい。

◇髪をとく「くし」の形に似ていることからこの名前が付いた。


⑪ みじん切り

⑴ 玉ねぎなどの丸い野菜は縦に半分に切る。

⑵ 切り口を下にして薄く切る。この時、全部切らずに根本を1センチくらい残しておく。

⑶ 包丁を寝かせて、横から2~3本切りこみを入れる。

⑷ 端から薄く切る。

⑸ 残った部分も細かく切り刻む。さらに細かくする場合は、反対の手で包丁の先の方を押さえ、包丁の柄を上下に動かして刻む。

※にんじんなど、棒状の野菜は細切りまたは千切りにし、端から細く切る。