ニュース

食育指導「スポーツと栄養について」 -鹿野中学校

鹿野中学校では毎月、ランチルームでの給食時間内に食育指導が実施されています。
今回は、県東部の中学校総体を間近に控えた生徒の皆さんに、スポーツと食生活に関する学習がありました。

栄養士さんによって、給食や普段の食事から摂取できる栄養素が、どんな食材に含まれているのか、試合で力を発揮するために、どのような食事を心がけたら良いのかなどの説明があり、総体で好成績を目指す生徒の皆さんにとっても、とても参考になる内容だったのではないでしょうか。

R0013279

そのほかに、スポーツ選手が日頃どのようなことに気をつけて食事を摂っているのか知ってもらおうと、『ガイナーレ鳥取』の選手の皆さんへのインタビューもDVDで紹介されました。

R0013282

選手の皆さんからは
岡野選手:「消化に良い食べ物を選んで食べるようにしている」「筋力をつけるために鶏肉を食べるようにしている」
服部選手:「1日3食を必ず食べるようにしている」「のどが渇いたと感じる前に水分補給を行うようにしている」
小井手選手:「試合の2日前くらいから炭水化物を多めに摂る」「苦手な野菜でもバランスの良い摂取を心がける」
美尾選手:「試合当日はバナナなど栄養補給に即効性のあるものを摂る」「休養や睡眠をしっかり取る」
といった話をしていただきました。

プロのアスリートの方が実践している話ということで、箸を止めて映像を見る生徒もいて、関心を持ってもらえたようです。

R0013287

学校内にはインタビューの内容をいつでも見ることができるように、栄養士さんによって掲示用資料が作成されていました。

いよいよ総体の開催も近づいてきました。
食事の管理もしっかり実践して、日頃の練習の成果を発揮しましょう!